ノドに淋病が感染すると?

喉の淋病とは?

ここでは、性器ではなく、咽頭の淋病について説明いたします。咽頭の淋病の感染経路は、オーラルセックスが多いと聞いています。咽頭に感染した場合には、目にも感染することがあります。性行為以外の感染は稀になります。オーラルセックスによって感染した場合は、パートナーと性行為を続ければ、咽頭から性器、性器から性器のような感染を起こすことも考えられます。喉に淋病が感染した場合には、初期は風邪に似た症状を引き起こすことが多いです。発熱や喉の痛みを感じてきます。のど淋病の初期症状では、風邪と判断して市販薬を飲んで放置をしてしまう場合が多いと聞いています。咽頭の感染を放置してしまうと、肺炎になってしまうこともあると聞いています。肺炎は命にかかわることになることがありますので、注意して治療を施して行くことが大切になります。