淋菌に感染すると?

 

淋病の感染経路と症状は?

淋病は、普段の生活で感染してしまうことは稀ですが、性行為を行なった場合には感染してしまう可能性があります。コンドームなどの避妊具をつけて性行為をしない場合には、どちらかが淋病を患っていると感染する確立は高くなります。近年はオーラルセックスも一般化していますので、喉に淋病が感染することも考えられます。淋病になった場合には、尿をする際に痛みが生じてきますが、この症状は男性に多く、女性の多くは淋病にかかっていることに気がつかないことが多いです。放置をしていると黄色い分泌液が出てきたり、睾丸が腫れる症状も出てきます。淋菌感染を放置してしまうと、精巣や至急が炎症を起こしてしまい、避妊症になってしまうことも考えられます。男性の場合は尿を酢売る際の痛みで気がつくことが多く、その場合はパートナーを連れて医療機関で診てもらうのが良いでしょう。

淋病の検査とは?

淋病は医療機関で検査をすることが出来ますし、なかなか医療機関に行きにくい人には検査キットもあります。淋病の疑いを感じるようであれば、パートナーも一緒に検査することをお勧めします。どちらが片方だけ感染しているとは考えにくいです。男性は泌尿器科にかかり、女性は産婦人科になりますが、専門の病院があれば男女どちらも性病科にかかります。淋病の検査キットは様々な販売会社やメーカーから出ていますが、淋病かどうか分かりにくい場合には、全てを調べられる検査キットの方が良いかもしれません。例えば、セルシーフィットというキットがあります。一見、検査キットであることが、分かりにくいもので送られてきますが、コンビニや、郵便局などで受け取りをすることも出来ます。検査キットを利用して返送をして結果を待ちます。性病にかかっている場合は、早めの治療が大切になります。